1. HOME
  2. ツインレイ考察 ~平成篇
  3. 隣の芝生は青くて美しい
ツインレイ考察 ~平成篇

隣の芝生は青くて美しい

何故、私ばかりがこんな目に逢うのだろう?
そんな風に思ってしまったこと、考えてしまったことは、ありませんか?
彼と出逢わなければ良かった、とか。
私は、そんなに悪いことをしたのだろうか、とか。
挙句、彼と私が”本質的に同一の存在”だと言うのなら、
彼は何故、楽な方の人生を選んだのだろう?
と、恨みがましく思ったり。

そうした”ネガティヴ”な感情を抱いたことはありますか?
逆に、一度も思ったこと、考えたことが無い人って、いるのでしょうか?
最初から、本当に一貫してそう思えるのなら。
すでにアセンション済の5次元意識に生きている人か、
完全にハートを閉ざして、自分と全く向き合っていない人だと思います。
何れも、私の記事の守備範囲外ですね(苦笑)

ここで、私の考える”アセンション”について、一度定義しておきますね。
諸説あるので、各々好きな説を信じればいいことなんですが。
私は今現在、3つのウェーブがある、という説で考えています。
2012年12月21日を、分離(アセンション逆行)から、
統合(アセンション順行)へ転じた”転換日”、”基準日”と考えて。
2012年より前に目覚めた第1グループ、2012年付近で目覚めた第2グループ、
そして、2016年付近で目覚めた第3グループの3つです。
これら3つのグループを広がり方を、
普及学のイノベーター理論で説明した記事を発見した時、
ようやく、自分が”スピリチュアルな地図”のどの場所にいるのか、
今の私の”現在地”を理解することが出来ました。

イノベーター理論というのは、
新しい商品の購入への態度を基準に、5つのグループに分類したものです。
マーケティングの理論なので、言葉的に合わない部分もありますが、
ニュアンスは伝わるのではと思います。


イノベーター(Innovators:革新者)
新しいものを進んで採用する革新的採用者のグループ。
彼らは、社会の価値が自分の価値観と相容れないものと考えています。

アーリーアダプター(Early Adopters:初期採用者)
社会と価値観を共有しているものの、流行には敏感。
自ら情報収集を行い、判断する初期少数採用者のグループ。

アーリーマジョリティ(Early Majority:前期追随者)
新しい様式の採用には比較的慎重な、初期多数採用者のグループ。

レイトマジョリティ(Late Majority:後期追随者)
新しい様式の採用には懐疑的で、
周囲の大多数が試している場面を見てから、同じ選択をします。

ラガード(Laggards:遅滞者)
最も保守的な伝統主義者、または採用遅滞者のグループ。
世の中の動きには関心が薄く、流行が一般化するまで採用しません。
最後まで流行不採用を貫く人もいます。

    *    *    *

コレ、文章で読むと小難しいですが(苦笑)
インターネットの普及や、iPhoneの普及で考えると分かり易いです。
自分はどのタイミングで導入したか、周りの人はどうだったか。
導入タイミングの違う人たちと、どんな会話をしたか。
思い出してみると、何となく分かって戴けるのではと思います。
別のグループを比較対象とすることが、
如何に無意味で、無駄な苦しみを生む行為であるのか、が。

ツインレイやアセンションに関する話をしているのに、
3次元の分離意識である”比較”という言葉に、抵抗がありますか?
確かに、目指しているのは統合意識、つまり”すべては1つである”です。
つまり、スタート地点は”1つではない”状態なのです。
では、自分自身の何が、何処が、分離している状態か知っていますか?
統合すべきモノを知らずに統合が出来ますか、ということです。
端的に言えば、エゴやカルマの浄化、で終わってしまいますが。
その内容は千差万別で、課題(?)の進捗度も皆さんバラバラなんですよ。
だからこそ、情報収集段階で迷子になって欲しくない、と思うのです。

私自身は、典型的(?)な第2グループになります。
更に、冥王星天秤座時代の「ロスジェネ」世代になります。
年齢的にも、ミッドライフクライシス。
思うに、第2グループに属する女性レイの大半は、
後の2つの条件も、同時に含んでいる人が多いように感じます。
もちろん、例外もあるでしょうが。
それでも、何かしらの共通項がありそうだ、ということは、
決して、独りではない、ということなんですよ。
チャネリングやエネルギーは、個別対応な情報になってしまうけれど。
星の情報なら、幾らでも応用が効きそうだ、と思って。
結局、星も最後は個別対応な情報だし、
どんな出方をするか、正確に把握するのは難しいのですが。
チャートという、目に見えるモノになるだけでも、
少しは安心出来ませんか?

私は当初、巷に溢れる”スピリチュアル”という言葉に対して、
極度のアレルギーがありまして(笑)
チャネリングとか、エネルギーワークとか、
それはもう、怪しい胡散臭い、そんなの絶対無理!って思ってたんですね。
なので、唯一信じられる、西洋占星術から入りました。
チャネリングやエネルギーワークは、全く信じられなかったのに、
惑星の持つエネルギーは信じられたんです。
厳密に言うなら、神も宇宙も天使もハイアーセルフも信じていました。
要するに、私が信じられなかったのは”人間”だったんです。

チャネリングもエネルギーワークも、人を介すモノでしょ?
それに対して、星読みはチャートという形が残るし、
カードもスプレッドという形が残る。
解釈するのは人だけど、何かしらの根拠、証拠が在る訳です。
現在は、少し違う考え方なのですが。
当時は”目に見えないもの”を根拠にされるのが、本当に嫌だった。
誤魔化されている、騙されている、という猜疑心が消えなかった。
そんな状態からの、イマココなんです。

天使好き、スピリチュアル好き、からではないのです(苦笑)
逆説的に言えば、魂レベルで決めて来た予定は、
そんな状態でも履行されて、アセンションの波に放り込まれるのです。
なので、私は時々、ガイドさんたちに向かって、
私は、あなたたちの操り人形じゃない!と、癇癪を起こします。
まあ、エゴさんの癇癪なんですが。
それでも前へ進めているし、必要な階段は昇れているので。
余り、ネガティヴ禁止!打倒エゴ!で頑張らなくてもいいんじゃない?
躍起にならなくても、必要な時に必要なことが起こるし。
今は、そんな風に思っています。