1. HOME
  2. ツインレイ考察 ~平成篇
  3. 平成を振り返って
ツインレイ考察 ~平成篇

平成を振り返って

4/30のBlog記事の転載です。
マガジンに纏めるにあたり、この記事は外したくないなぁ、と思ったので。

    *    *    *

いよいよ、この日がやって来ましたね。
世間では、何だか年の瀬、大晦日のような様相を呈していてアレですが。
元号が変わることの”エネルギーの大きさ”のようなものを感じます。
何のかの言って、日本の皇室って世界でも稀有なシステム(?)ですし、
元号(年号)も、1000年以上も守って来た凄いモノ(伝統)ですものね。

こういうトコが、日本にはレムリアのエネルギーが遺っている、と
言われる所以で、New Earthの0地点になると語られている所以なのかな?
昔、スピリチュアルに嫌悪感があった頃は、そういう”日本中心”な思想が、
どうしても好きになれず、余計に胡散臭く思ったものですが(苦笑)
私、そして彼の名前に使われている”漢字”の意味や、
彼が新居に選んだ土地、ふたりのこれまでの人生を振り返った時、
余りにふたりが日本の”エネルギー”と繋がっていたことに驚かされました。
挙句、セッションで”八咫烏”登場!だからね(爆)

正直、自分のエネルギー値に関しては、まだ信じ切れてなくて。
彼のエネルギー値に関しては、然もありなんと素直に信じられるのですが。
幾ら知識では「ふたりのエネルギーは同じ、逆位相なだけ」と知ってても、
離れている時は、余り実感が無いし、信じられなくなったり。
結局、この辺りが分離時代の残滓で、罠な訳ですよ。
同じエネルギー内包してるのなら、何で、こんなに違う人生なの?
豊かさが明らかに違うやん!って、思っちゃうよね。やっぱりさ。
……ネタバレすると、自分自身で”封印”してるだけなんだけども。

今世、ツインレイをテーマにしてる魂の皆さんって、
大抵、昭和の”洗礼”受けて、生きて来た訳じゃないですか。
1970年以前は、競争!競争!のエネルギーに容赦無く晒されて来たし、
以降は、反対に”前に出るな、皆と同じが正義!”というエネルギーで。
私と彼は、それぞれの時代に”逆の資質”で生まれましたから。
それでも、男性レイは分離側では何とかやって行けるようで。
対する女性レイは、自分の中の男性性Maxで人生切り拓いて行くしかない。
私は、男性性も上手く使えなかったから、余計辛かった(涙)

何のかの言って、女性の核は”女性性(女神性)”ですから。
これ使わずして、女性の真の”幸福”が”具現化”する訳がないんですよ。
でも、うっかり使うと、嫉妬されたり、虐められたりするやん?
多分、過去世では、もっと酷い目に遭わされたりした訳だよね?
だから、元々(魂)のスペックが100だとすると、
生まれながらの封印で、今世では20くらいに落ちてる訳です。
それを更に”人間意識”で封印したり、出し惜しみした日には……。
そりゃあ、お世辞にも”倖せ”な人生にはならないわな!

以上が、平成最後にやって来たネタバレでした(笑)
もうね、倖せになる為には、自分の”女性性”解放するしかないんですよ。
飽くまでも、自分の内側に在るモノ、ね。
社会がどう、世界がどう、と”外側”へ向かって求める必要ナシ!
今世と過去世の封印解除して、女性性スペック100の自己へ還る。
これやるのが、ツインレイの真の目的なんですよ。
だから、巷の魂さんもこぞって”憧れる”のでしょうけど。
人間意識に変換されると、陳腐な”恋愛神話”に堕ちてしまうのが不思議。

そうした疑問もあり、私はずっと”ツインレイ症候群”を嫌悪してました。
あと、勝手に”生存者バイアス”して来る自意識過剰な人も大嫌い。
でも、平成も今日で終わるし、もういいかなと(笑)
変な話だけど、魂には”学ばない、という学び”も存在するからね。
ツインレイごっこして、分離世界に留まりたい人は勝手に留まればいい。
生存者バイアスで、勝手にエネルギー値読み間違えて、嫉妬すればいい。
協力して目覚めるということと、誰彼構わず助けます、は違う。
あなたの人生は、あなたのもの。私には関係ない。

蜘蛛の糸は、犍陀多に対して垂らされたモノだからね。
他の”おまけ”の重みで切れないし、便乗されるようなこともなかった。
登るのは自由でも、地獄を出られたのは結局、犍陀多だけなんだよね。
あの話、分離世界では「他者への思いやり」みたいに語られるけど。
調和側から見れば「他はどうでもいいから、自分に集中して!」になる。
自分ひとり倖せに出来なくて、どうして世界に愛を放てるの?
まず最初に”私”が、倖せになりましょう?
愛は”自己犠牲”ではないです。それはただの”自己欺瞞”ですから★

人間からは当然、次のことが要求される。
人々の為に役立つこと。もし出来れば多くの人々の為に。
余り出来なければ少数の人々の為に。もっと出来なければ自分の為に。

セネカ『閑暇について』

明日から、令和。
新しい”時代”の幕開けですもん!
古臭い”封印”なんて、もう全部解いてしまおうと思ってます。
今まで、自分の”女性性”のイメージ、↓ だったんですが。

先日のセッションで、全然違うよと言われまして(汗)
私の魂さん、地球起源ではなく、アンドロメダ起源だったらしく。
どちらかと言えば、↓ のイメージらしい(爆)
強くて、凛として、芯があって絶対にブレない女性(女神)。

もうね、ペガサス乗りこなしちゃう自分認めなよ?
地球来る前に、惑星2つ破壊した過去世、赦して自由になろうよ?
分離世界では、それで”正解”だったんだから!
……というのが、私の魂さんの盛大なネタバレでした。
ココだけ読むと、途方も無くトンデモだけども(滝汗)
他人が信じるか否かと、私の魂の真実は全く無関係ですからね。
私は、平成最後の日に、分離側のすべての”錨”を外すだけです。
絶対、分離側より調和側の方が楽しいもん♪

分離側に留まるのも、調和側へ移行するのも、自由選択制ですので。
その辺りは、皆さん、お好きなタイミングでどうぞ。
ただ、私は”分離意識”に飽きちゃっただけ。お腹イパーイ(笑)
誰かという”仮想敵”想定して、自分の”倖せ”諦めるなんて絶対に嫌だし、
今まで謎の遠慮して、享受すべき”倖せ”を逃してたなんて勿体無いもの。
だから、私は”私の人生”を私の手に取り戻す。
今まで、巷の”分離ごっこ”に合わせて来た私、本当にお疲れさまでした!
令和という新しい時代は、本来の”私”に還って生きます☆