1. HOME
  2. 恋愛スピリチュアル
  3. 恋愛カルマについて
恋愛スピリチュアル

恋愛カルマについて

前回、少しだけ星の話をしましたので、その捕捉。
正直、私個人は、ツインレイを今世のテーマに生まれたソウルグループは、
狭義の意味での”恋愛”をテーマにしていない、と思っています。
なので、不倫だとか、序盤から”性”が絡むペアは、別グループの可能性。
実際は、どちらでも構いませんけども。

何度も書いているけど、ツインレイでも、ツインレイでなくても。
魂レベルでは、そこに優劣なんて無いし、宇宙の何処かにレイはいます。
今世での「お相手」が存在することも、みんな一緒なのよ?
それに、そもそも”魂”って多層構造になっているから。
どの「層」を以って、レイかどうか、判断するんですかね? ということ。
大体、巷の自称”鑑定士”の人、解脱してるのかな??
そんな”レベル”で、魂の真実、分かる訳ないよね??
……アレはね、半分ホンモノであり、半分ニセモノでもあるの。

ぶっちゃけ、レイの人はレイ仲間に会うと分かります。
片割れさんのエネルギー、連れて歩いてるから。
他にも、ガイドやら、分離してる自己統合前の”意識”も来ますね。
もうね、此処で会ったが百年目(笑)とばかりに、
ここが正念場だから、お願い、説得して!! となりますね。
かつて、うちのガイドも、エネルギーワークへ何度も介入していたので。
あちらの世界は、そういうもの……なのかもしれません。
だからね、一言、魂の世界舐めんな! って、言いたいそうです(笑)

で、ようやく本題。
正真正銘のツインレイって、本当に少数だからね、と前置きして。
では、何故、巷には「ツインレイもどき」の人が多いのか。
それはもう、ぶっちゃけ、魂の”学び”として「恋愛」が手っ取り早いから。
厳密に言うのなら、恋愛というより「恋」ですね。
恋って、分離世界の最大のアトラクションですし、
他の人間関係より、途中放棄され難いので、魂的には好都合なんですよね。
だから、ドロドロしてる辺りで、すでに”レイ”の波動じゃない(苦笑)

まあ、最終的には、レイの人も「恋愛」に向き合いますが。
でも、きっと、今想像しているモノとは、かなり違うと思いますよ?
既存情報の”統合”は、飽くまでも「分離側」から見た”統合”に過ぎません。
だって、真の統合ゲームって、これからが旬ですから☆
すでに、統合っぽい場所にいる人、実は”最後の学び”がまだかもね?
それなら、単なる”学び相手”かどうか、何処で判断するの?って話ですが。
コレ、星見れば一発です。しかも、自分で確認出来ます。
ホロスコープも、無料で(笑)作成可能です。

解説もね、Webで検索すれば出て来ます。
でも、確認したいポイントの有無だけ探せばいいので、解説も不要。
まず、ふたりの二重円を作成。

    *    *    *

上記サイトの「ホロスコープ各種チャート作成」から、
出生データによるいろんなチャートへと進んで行って、
ふたりの出生データを入力します。
次の「セクション」の選び方は、下の画像参照。

オプション類については、
3段目の「表示オプションと計算オプション」の「南の交点」にレ点。
4段目の「その他のオブジェクト」の「リリス」を選択。

上記の設定で、チャート作成すると、
以下の画像のような、二重円が作成されます。
内側が本人のチャートで、外側がパートナーのチャートになります。
ここでは、ハウスとかまで気にしなくてもOK。

1のピンクの円で囲んだのが、ドラゴンテイル(サウスノード)。
電気抵抗の「Ω」をひっくり返したようなマーク。
因みに、ヘッドとテイルは180°の関係なので、
3の「Ω」マークみたいのが、ドラゴンヘッド(ノースノード)になります。
そして、2の緑の円で囲んだのが、リリス(黒い月)です。
すべて計算上のポイントで、実際に「星」がある訳ではありません。
なので、アスペクトは合(0°)のみで、オーブも1~2°程度。
それを踏まえて、ご自分のチャートを視てみましょう。

    *    *    *

女性:火星、男性:テイル or リリス
女性:テイル or リリス、男性:金星

上記アスペクトは、ほぼ確実に”学び”のお相手です。
リリスなら、それを持っている方の過去(過去世)を癒すことで、
学びの後に、また別の展開が望めるかもしれません。
ですが、テイルとのアスペクトは、過去世からの「腐れ縁」です。
もうね、さっさと”学び”だと割り切って、手放した方がいい。
同じ過去世からの”縁”でも、ヘッドのような「未来」はない繋がりです。
もちろん、他のアスペクトも関係しますけども。
計算上のポイントの癖に、テイルとリリスは強力なのでね。

逆に、ヘッドに男性の金星 or 女性の火星の場合は、
所謂”運命の相手”的なモノを、ヘッドにアスペクトされた方が感じます。
男性金星、女性火星は、飽くまでも「恋愛」としての側面。
恋愛ではなく「結婚」の場合は、男性月、女性太陽で視ればOKです。

因みに、上の例(私と彼の二重円ですが・汗)の場合。
男性の月と金星が、オーブ4°で合になってます。
これは「恋愛=結婚」という価値観持ち、という風に読めます。
つまり、結婚願望強め、ってことね(笑)

何故か、巷のツインレイ候補(?)さんは、星に興味無さげですけども。
星って、今世の旅をする為の”魂の地図”ですからね。
TVの「今日の星占いランキング」は当たらなくて当然だけど、
個人のチャートは、かなり色々なことが分かるので、オススメですよ?
特に、ふたりの年齢ハーモは、全体的な流れが分かりますし。
シングルチャートのキロン(Oの上にKがついた、鍵みたいなマーク)が、
何ハウスに在るかで、克服すべき課題も分かりますので。
もっと星情報も活用して欲しいなぁ、と思います☆