1. HOME
  2. Heaven on Earth
  3. ツインメソッドの盲点
Heaven on Earth

ツインメソッドの盲点

Heaven on Earth

最近、また大きなネタバレが起こったというか、
アセンション、自己統合について、ようやく上手く纏められました。
そして、理解すればするほど、コレは既存情報では、分からないな、と。
元々が、頭で理解する類のものではなく、体感するものだから。
文章で伝達すること自体、難しいのは分かるけども。

それでも、伝える”努力”は、必要だと思うんだよね。
結局、ツイン情報流してる人も、自分で完全に理解してないんじゃない?
理解していれば、時間経過と共に「情報内容」が変わるはず。
セッションもね、自然と進化させたくなって然るべきだから。
何故なら、提供者自身も「変容」して行くから。
でも、何年間も同じセッションしてる人、間違いなくいますよね?
単に、統合まで、10年・20年コースの人かもしれませんが。
実際問題、そういう人のセッション、お代払って受けたいですか?

……と、最近、巷の既存セッションに批判的です(笑)
私には、今も「受けた失敗だった」というセッション、2つほどあるんですが。
当然ながら、もう二度とそこへは行かない訳じゃないですか。
美容室とか、飲食店みたいに、口コミ比較サイトがある訳でもなく。
だから、疑念は疑念のままで、ずっとモヤモヤしていた訳なんです。
それが、自分がセッション提供する側になって、色々とお話させて戴く中で、
疑念が確信になったり、大きな”気づき”が訪れたりで、本当に感謝☆
お陰さまで、また1つ視点の転換が起こりました。

それが、タイトルの「ツインメソッドの盲点」です。
メソッド自体は、方法という意味なので、統合への方法論的な感じ?
確かに、汎用的なメソッドは存在します。それは間違いない。
ただね、ここに大きな「落とし穴」が在った!
コレ、分離側の視点だと、どうしてもそうなってしまうのだけど。
まず、最初に目的として「統合」があり、その為のメソッド(=方法)なの。
この前提が、そもそも魂さん視点では違うんです。
その”盲点”に気づかないまま、私たちは迷走してたんですよ(涙)

魂さんが経験したいのは、メソッド(=自己受容・自己統合)の方で、
所謂、ツインの「統合」というのは、その副産物! ただの結果論なんですよ。
魂さん視点から見れば、目的は「自己受容・自己統合」で。
そこへ人間(=本体)を向かわせる”方法”として、ツインレイがあるという。
もう、見事に目的と方法が、逆!……反転ですよ。
コレ、魂さん擬人化(?)して、自分が二人いると考えると分かり易い。
分離側にいるのが、人間(=本体)としての私。
調和側にいるのが、魂としての私。

自己統合というのは、つまり、魂側の「私」と一緒になるということ。
ここにも1つ、大きな「落とし穴」が在りまして。
皆さん、魂(=光、調和)が理想(=正しい、こうあるべき)なら、
その反対の本体(=分離)は正しくない、そんな風に思ってはいませんか?
つまり、無意識下に”自己否定”が隠れていませんか、ということ。
たたでさえ、本体は魂と一緒になったら「自分消えちゃう!」と怯えてるの。
その上更に、自己否定までされたら……そりゃ、苦しくて当然だよね?
本体さんだって、自己の存亡賭けて、必死だからね(笑)

だから、まずは自己否定をやめる。コレが自己受容に繋がる。
そして、俗に言う「本当の自分に還る」というのは、
過去世含めた、諸々の経験で、歪に捩じれてしまった部分を元に戻すこと。
決して、直してやる! という「矯正」イメージではなく。
捩じれていて、苦しいから元に戻しましょうね、というイメージ。
ブロックとか、封印にぶつかると、激しい”抵抗”が出る人は是非、お試しを。
何度か繰り返すことで、滞っていたエネルギーが流れます。
……今回、我ながら大盤振る舞いです。^^;

因みに、↑の作業を誰かに代行して貰うのが、エネルギーワークです。
ブロック解除、封印解除、カルマ解消とか言われているヤツ。
でもね、アレ、一過性でしかないって、知ってます?
ここで、最初に書いた魂さんの「目的」を思い出してみましょう。
魂さんの望みは「自己受容・自己統合」です。
では、滞っていたエネルギーが流れること=自己受容、自己統合ですか?
当然、違いますよね?……魂さん、次のアプローチを考えるだけ。
コレが、エネルギーワークでは「統合」へと至れない仕組みです。

更に、ここには怖~いリスクが潜んでいます★
先程、歪に捩じれてしまった部分を元に戻す、と書きましたが。
皆さんは、この「捩じれた」という部分、どんなイメージで読みましたか?
多分、タオル等を捩るようなイメージで、読んだと思います。
実態のある物質なら、そんな風に分かり易いです。
ですが、実際は目に見えない世界の話。
ここで、少しイメージしながら読んで戴きたいのですが。
今、あなたはこの記事をPCで読んでいる、と仮定します。

実際は、スマホの人が多いと思いますが(笑)
ここは、ディスプレイが在るイメージでお願いします。
あなたは、必然的にPCのディスプレイと向き合う形になっていますね?
そこから、右回り(時計回り)に180度回ります。
当然、PCのディスプレイに背を向けた状態になります。
では、この状態から、もう一度PCのディスプレイに向き合って下さい。
ここで、2通りの方法があること、お分かりになりますか?
左回りに戻るのか、更に右回りで進むのか。

動線は可視化出来ないので、結果は”同じ”状態に見えます。
しかし、エネルギー的には”同じ”ではない。
右回りで下降したエネルギーは、左回りで上昇する必要があります。
早い話が「逆回転」なんですよ。全部、反転するんだから。
もちろん、タオルを捩るようなイメージでは、絶対に陥らないこと。
それでは、エネルギーワークの時はどうでしょう?
分離側・調和側、関係なく、エネルギーワークは可能です。
ですが、その指向性が目指すもの(=調和)と逆だったら?

何を信じるかは、人それぞれのお好みです。
自己統合なんかしたくない、分離側で生きて行きたいというのも、アリ。
それでも、自己統合したい、調和側へ行きたいという人は。
もう待ったナシ、かつての「価値観」から脱却しましょう☆