1. HOME
  2. Garden of Gethsemene
  3. 視野を広げる
Garden of Gethsemene

視野を広げる

8月も約1/3が終わり、無事に画像のDLが出来るようになりました(笑)
巷では、ライオンズゲートがどうとかで、若干スピ界隈も活気づいてるのかな?
でもね、ゲートが開こうが、宇宙の追い風吹こうが、最後は自分です。
別に、宇宙が”勝手に”何かをしてくれる訳じゃないんです。
例え、見た目は”自動運転”でも、選択は自分でしている訳ですからね。

でも、実際問題、何をしていいか分からない、という人もいるのかな?
それなら、まず「ツイン何とか」という概念を捨てましょう。
もちろん、捨てるのは”概念”だけなので、お相手のことを諦める必要はナシ。
結局、ツイン何とかの目的(?)は、自己統合だから。
真の目的が明かされた今、もう形骸化した概念は要らないんですよ。
思うに、ツインレイプログラムというのは、分離→調和の転換を生身でやる、
宇宙初の試みを経験するに当たり、先陣の皆さんが迷子にならない為のモノ。
未踏の領域で、相対的な「現在地」を知る為のモノだから。

2012年12月21日の転換点から、7年半を過ぎた今。
自己統合という、一先ずのゴール(実際は通過点)を見つけたレイさんは、
そこを目指して、各自、自分のラスボスに挑んでいる訳ですよ。
そして、見事ラスボス倒した人から、次の「創造」ステージへ進んでいる。
つまり、もう「開拓者」である必要は何処にも無いの。
古い”ツインレイプログラム”にしがみついて、遠回りする必要なんて無い。
本当は、後続の人の方が、要領良く進めて然るべきなのよ?
なのに、何故か「先陣」と同じだけ「時間」を費やしたがるんだよね。

で、今度は「自己統合」って何ぞや? となるんだけども。
残念ながら、コレは”体感”するモノなので、イメージ難しいと思います。
頭で考えて、情報読み漁って、どうにかなるものではないです。
よく、脳トレ問題で、アハ体験とか言うでしょ?
アレと一緒で、一度体験するまでは、分からないというモノ。
魂さん視点で考えれば、コレ経験したいが為に、このタイミングで生まれて、
大変な昭和・平成を生き抜いて来た訳ですから。
ここで、楽しみを余所者に「教えて」欲しくはないんですね。

推理小説の「ネタバレ禁止!」みたいな(笑)
なので、自己統合(=封印解除)は、誰にも”代行”なんて出来ません。
代行したつもりのセッション、所詮、ただのブロック解除です。
冷静に考えて、他人の魂の”神領域”にアクセス出来るはず、ないでしょ?
でも、だからと言って、孤立無援という訳でもない。
この部分突き詰めたら、封印解除出来そう、という部分は分かります。
その為のツールが、星とかオラクルカード。
ラスボス戦に、チャネは勧めません……愉快犯、出る確率が高いので。

ただね、やっぱり理想の順番というのがありまして。
感情の解放→自己受容→自己統合と進むのが、一番抵抗小さいと思います。
で、この「感情の解放」がテーマの人たちが、
かつては「サイレント」と呼ばれていた”状態”なんだと思います。
因みに、ご自愛がテーマになるのは、次の「自己受容」の段階で。
恐らく、この順番が逆になることで、無駄に苦しい思いしたり、
サイレントが明けません、ということになったのではないかな、と。
もちろん、順番無視しても進めるけど……余程のMよ?^^;

そんなこんなで、今回も大盤振る舞いなんですが、
光の言語過ぎて、何のことやら、意味が分からなかったらスミマセン。
有料記事やセッションでは、ちゃんと説明していますので、許してね?
いや、そこはね……隠すというより、安全の為なので(汗)
カスタマイズ必要だし、フォロー必要だし。
ただ、これからもBlogでエッセンスは公開して行くつもりです。
勘のいい人なら、ヒントだけでもかなり進めるはずだし、
勘なんて働かないという人も、まずは「視野」を広げて欲しいと思うので。

……という訳で、唐突に「太陽系」です(笑)
冥王星は準惑星になってしまいましたが、星読みする人間なのでね。
皆さん、小学校で習いましたよね?
なので、集合意識として、太陽系は↑のような感じ、
惑星が太陽の周りを回っている(=公転)、というのは知っているはず。
では、ここで質問です。
地球の公転周期は約1年ですが、1年後、地球は何処にいるでしょう?
自由回答だと難しいので、同じ場所へ帰って来る、Yes、Noで答えて下さい。

まあ、こう訊かれたら、Noなんだなって思うでしょうね(笑)
太陽も銀河系の中心の周りを公転しているので、同じ場所へは帰りません。
太陽の公転周期は、1銀河年(約2億2500万年)と言われていますが、
太陽も1銀河年で銀河系1周とは限らないそうで。
少なくとも、今の天文歴の中に、全く同じ星の配置は二度ありません。
つまり、どんなにルーティンな毎日に思えても、
宇宙の視点から見れば、全く同じ日なんて、無いということです。
今一つ、ピンと来ない方の為に、動画。


この動画、知ってる人もいるかもしれません(笑)
もちろん、実際の「太陽系」は、こんな動きではないですけども。
太陽が直線運動だし、他の惑星牽引してるし、言葉の選び間違いありますし。
更に、作者が陰謀論者だとかで、それだけでdisも多いです。
でも、最初の太陽系の図だって、各惑星の公転軌道違いますからね。
地図のメルトカル図法や、モルワイデ図法と似たようなモノ。
正しさを追及する必要性、今は全くありません。主眼はそこではない。
平面のイメージだった太陽系が、立体なんだよ、と伝わればいいのよ。

言われてみれば、当然のことなんです。
レイさんは宇宙とも繋がりが深いので、銀河のイメージ普通にすると思います。
その一方で、地球の自転・公転に思いを馳せたことはありますか?
毎年、同じ季節が巡って来る……ルーティンだと思っていませんでしたか?
こういう「当たり前」なこと、再発見して行くだけで、視野は広がります。
視野が広がれば、以前と違う「価値観」が生まれます。
しかし、本当は、全部自分の中に在ったものです。
それが、成長する過程(過去世含む)で、別のモノへ置き換えられただけ。

今世、ツインレイをテーマに生まれた魂さんは、
それら「古い価値観」から脱却し、新しい価値観で生きると決めて来たのです。
自分で決めて来たのだから、必ず、前へ進むことが出来ます。
必要なのは、古いものを手放す、という勇気、決心だけですよん♪