1. HOME
  2. Heaven on Earth
  3. 現実化への道
Heaven on Earth

現実化への道

Heaven on Earth

サイレントが明けた人の、最大の関心事って、多分コレだと思います。
自愛とか、自己受容とか、実は無意識にクリアしてる人も沢山います。
結果、大体は「自己統合」っぽいトコに辿り着いて。
何で、現実化しないの? 流れ止まってるの? になること、多いんじゃないかな?
一般的なスピで言うトコの”タイミング待ち”ですね。

先日、コレについて色々と考えていたのですが。
まず、先述の状況には、大きく分けて、2つのパターンがある訳です。
1つめは、やり残しがあるパターン。
クリアしていない課題がある為、進めない(=行き詰まり)状態。
2つめは、必要条件が全部揃っているパターン。
クリアすべき課題がない為、進めない(=待機)状態。
1つめに関しては、論外というか、早く課題やって下さいなので(笑)
今日の記事は、2つめのパターンについてのお話です。

何故、現実化までに「待機時間」が存在するのか。
コレ、今までのスピでは”自由意思”の問題とされてました。
だから、現実化は”然るべきタイミング”で起こるのだ、と。
でもね、その”自由意思”というのは、分離側、調和側へ等しく働く宇宙の法則です。
一見、納得出来るかもしれませんが、実は、とても矛盾しています。
では、分離と調和の”差分”は何処に在るというのか。
内的な平和ではなく、物理世界での”差分”の話です。
ん? 今までと同じじゃない? って思いません?……私は思ったよ(笑)

内の如く、外も然り。
外側の世界は、内側の世界の反映です、というのは散々聞いた話です。
でも、この言葉をポジティヴな意味で、どれだけ体験出来たでしょう?
多くの人は、ネガティヴな側面の反映として体験したか、
ネガティヴからポジティヴへ上昇する際の”改善”として体験してると思います。
実際に、ポジティヴ側の反映として、更に”底上げ”の体験をしている人は、
決して、多くはないでしょうし、大抵はタイミング待機してると思います。
何か、この”仕組み”が、すでに違うと思うんです。

確かに、星である程度の”時期”は読めます。
しかし、もしも時期が決まっているのなら、前倒しはない、ということになる。
実は、ココに大きな問題が隠れてて、前倒しはないが「真」の時、
時期を過ぎて見逃す、もまた「真」になるんです。
でも、魂レベルの計画を”見逃す”とか、考えられないでしょ?
幾ら、地球の分離レベルが最悪であれ、宇宙の計画が杜撰な訳などない。
それなら、見逃すは「偽」で、前倒しはない、も「偽」。
だったら、何故、現実化に時間が掛かるのか、待機時間が存在するのか。

その答えは、地球には「時間」が存在するから。
別に、ふざけてないですよ? 超・超・超真面目に言ってますからね?
結局、この”時間”という概念が、現実化を遅らせてるんです。
確かに、地球で人間として生活して行く上で、時間の概念は必要なモノです。
ですが、本来、現実化の為の”エネルギー”は、4次元以上のモノ。
このエネルギーが、現実の3次元世界へ反映されて”具現化”するのですが、
本人が「具現化には時間が掛かる」という信念を持っていた場合、
時間の干渉を受けないはずのモノが、時間の干渉を受けてしまう、という仕組み。

言ってる意味、分かりますかね?
つまり、具現化には時間が掛かるという”思い込み”が、
まんま、具現化には時間が掛かるという”自由意思”として働く訳です。
自分で自分の望みの実現を”遅らせて”いるんです。
そう考えると、あの”自由意思”というのは、飽くまでも「自分側」の話と気づく。
恐らく、コレ読んでいる人の、ほぼ全員が、
具現化が起きない時の”自由意思”は、相手側の”自由意思”だと思ってるよね?
その考え方自体が、完全に地球的(=3次元的)なのよ。

すべての世界(宇宙)は、平行宇宙になってるのだから。
イマココの「彼と離れている世界」をAとするなら、
よく似てる「彼と一緒の世界」のA’という世界も同時に存在している訳です。
つまり、すべての具現化は「平行世界の移動」ということに他ならない。
もしも、今見えてるAの世界がすべてだと信じてしまったら。
Aという”空間”に閉じ込められてしまうので、
前倒しは効かず、最悪の場合、見逃すということもあり得る。
更には、星の示すものが”可能性”で終わる場合さえあり得る。

怖い話ですけど、星も1つの可能性(=平行世界)を示すに過ぎないので。
必ずしも、Aの世界の延長線が、A’と交わるとは限らない。
そもそも、チャートの読み方も、3次元的な読み方しかしない人もいます。
典型的なのが、トランスサタニアンを重視しない人。
確かに、地球的な生き方をする人には、それで充分だと思いますが。
今世でレイをテーマに生きる人は、その外側の意識と繋がる必要があるのでね。
何より、繋がらないと、霊的成長(=進化)が起こらないです(汗)
だから、思考のアクロバット(笑)は、積極的に試して欲しいなー。

それにね、この”時間の概念”をある程度超えられたら。
もう、かつての”ツイン神話”で延々と時間使う必要なくなるのよ?
まあ、サイレント自体は、スピ恋愛かどうかの”切り分け”として残るだろうけど。
感情解放→自己受容→自己統合と進んで、各種概念覆せばOK。
どうやら、自己統合が平行世界を渡れる、最低条件になってるようなので、
そこまで、どれだけの時間でクリアするかによりますが。
要領良く課題クリアして、コツをマスターして行ったら、
1年くらいで、自分の居心地の好い世界を自由に創れると思わない??

正直、自己統合までなら、3ヶ月で仕上げられます。
ただ、実際に”前倒し”可能かどうか、どのくらい早まるかは、只今実験中(汗)
基本に戻って、精神世界の勉強とか、探索しているトコです。
ある程度、自分の中で纏まって来たら、少しずつ記事にして行きますね。
それから、次の四半期は、コレを踏まえたセッションにしたいなぁ、と。
最後の一押しが必要な人向け(従来通り)と、
サイレントの人向けの、3ヶ月で自己統合まで進む前倒しコース(新設)で。
noteのマガジンの方も、随時加筆して行きます。

文字で書くと、余り大差無い「ツインレイ向けセッション」ですが。
内容としては、恐らく、唯一無二のモノになると思います。
余所さまのセッション、全部調べた訳じゃないですけども。
チャネりません、エネルギーワークしません、
星読み&精神世界の仕組みで、理詰めで自己統合させます、ですからね(笑)
変な話だけど、これからはスピ自体も、分離向けと調和向けになると思うの。
優劣はなくて、単に選択するレイヤーの違いみたいな感じ?
この辺は、また改めて詳しく書きますねん♪