1. HOME
  2. Heaven on Earth
  3. 3度鳴いた鶏
Heaven on Earth

3度鳴いた鶏

Heaven on Earth

原典のほうではなく、2016年の映画『哭声』のほう(笑)
興味のある人は検索してもいいけど、ホラーなので閲覧注意ですよ?
現実に、あるんだなーというか、本当に「人は見たい世界しか見ていない」。
そして、世界は「見えているものがすべてではない」。
非常に残念だけど、スピやレイにもあるんだね、コレ。

昨日は、ご心配をお掛けしてすみません……。
何かね、私、片割れと出逢っているレイに限って、↑はないと思ってたの。
折角、長い年月掛けて再会したのに、分離選ぶ人がいるとは思わなかった。
挙句、同じ境遇の人たち、侮辱して、全否定するとかさ。
そういうのは、部外者がする行為だと思っていたからさ。
でもね、お陰で”確信”したけどね。
やはり、片割れの「彼」に出逢うのは、単なるキッカケ。
真に”レイ”となるかどうかは、また別次元の問題なんだ、って。

本当に、今にして思うと、きっちり「3回」だったから。
仏の顔も三度まで、鶏も三回鳴いたしなー。


結局さ、この世界での”経験”は、すべて「受身」なんだよね。
その最たるモノが「I was born … 」。
だから、外側から何かされたように感じるけれど。
本当は、それさえも、自分の内側が”反応”しているに過ぎない。
感情は生まれるモノ。でも、その”扱い方”は自由に選んでいい。
ずっと、嫌な気持ちを抱えたまま、不平不満ばかり口にして生きて行くのか。
そこから学んで、さっさと手放して倖せに生きるのか。
それを”理想”だと嗤うことは、簡単だけれど。

幻だと信じた瞬間に、それは本当に”幻”になる。
実在すると信じた者だけが、それを”現実”として享受することが出来る。
行動するか、行動しないか。在るか、在らざるか。
そういう意味で、この世界はとても「平等」に出来ているんだね?
私、レイは人生の美しさを再発見する旅だと思うんだ。
だから、まず自分の世界が美しくならないと、ふたりの世界へ進まない。
確かに、具現化遅くてイライラすることもあるけどさ(笑)
結局、それも彼が”鏡”だからなんだよね。

鏡は、美しいモノも、醜いモノも、平等に映し出す。
美しいモノだけを映し出す、都合のいい鏡なんて存在しないんだよ。
もし、仮に、世界中の人間が忖度してくれて、思い通りに気遣ってくれても。
世界中でたったひとり、彼だけはそれをしない存在なんだよね。
ある意味、それが”片割れ”である証拠だから。
もちろん、感情は共有してるから、何となく”感じて”はいるけれど。
こちらが”期待”する限り、相手は絶対に”行動”しない。
何故なら、期待はニセモノの愛を生む、の学びだから。

面倒だけど、そういう仕組み。
それを”疑う”のは、何故、DNAは二重螺旋なのか、レベルの愚問。
私は、太陽に西から昇って欲しいんです!とストライキしてるようなもの。
実際、お相手動かしたくて、ハンガーストライキなんだけどね。
この”相手を動かしたい”というのは、そのまま”支配慾”ってことだから。
地球の恋愛が上手く行かない理由は、この支配慾vs支配慾。
だから、ホンモノの「愛」はそこにはない、と知る為に通る道なの。
決して、難しい学びではなく、期待と上手に付き合うだけ。

変な話、本当に”命”が掛かっていようと、期待通りにはなりません。
だって、魂はカラダがすべてだと思ってはいない。
実際の”寿命”は、もっとずっと長いと知っているから、スルーしますよ?
命をチラつかせれば、相手を支配(コントロール)出来るのは、
互いの価値観が「カラダが死んだら終わり」で一致している時のみ。
高次元の相手に、命をネタにして”取引”は出来ない。
まあ、そういう”歪んだ価値観”持つ自由も、宇宙は認めているので。
望んだ通りの具現化が為されるだけでしょうが。

でも、他の人間へ、その定義を当て嵌めて欲しくないよね?
命が懸かっている時に来てくれないなら、お前の「彼」はニセモノ、って。
同棲するまで、サイレントは明けてない、とかさ?
それ、まんま熨斗つけて返すわよ?……完全に、ブーメランなってるやん。
私の嫌いな”生存者バイアス”のマウンティングです。
私に出来ないコトが、お前なんかに出来る訳がない、というヤツ。
認識と批判、外見は似てるけど、本質は全然違うからね?
何かが嫌い、自分とは合わない、までは自由。

結局、そこで「何故、嫌いなんだろう?」と思うかどうか。
その”違和感”を考察することで、過去の認識が変わったり、癒されて行く。
嫌いだ嫌いだ、とただ闇雲に批判するのは、単なる感情論です。
私も、レイとフレームちゃうわー、お花畑スピきもいー、言いますけどね(笑)
どの辺が矛盾しているかは、ちゃんと提示してるつもり。
そもそも、文章化する前に、実践して、何かしらの体感を得てから書いてます。
正直、他の人は違うかもだし、思いつきの感情論な人もいるでしょう。
でも、100人が100人、同じな訳ではないからね?

青春ぜんぶ懸けたって強くなれない?
懸けてから言いなさい

『ちはやふる』

もうさ、レイって。
アラフォー・アラフィフで、アオハルすることなんじゃない?(笑)
年齢相応の”大人”の振りやめてさ。
お利巧さんな「理性」から離れて、ピュアな自分に還るってコト。
ピュアな自分って、まんまリリスのエネルギーだから。
そりゃあ、物質主義ガチガチ、死んでカラダ無くなったら終わり、の人には、
空恐ろしいモノに見えるだろうし、否定して、逃げたくなるよね?
見なかったコト、無かったコトにしたくなるだろうよ。

挙句、リリスを”精神病”扱いするんだよ。
まあ、その手の扱いは、子供の頃に散々受けたから、驚かないし、
一周回って、もう、引き籠る必要が無いコト、隠す必要が無いコトも知ってる。
それ言ったらさー、スポーツクラブのインストラクターとか、
塾の講師とか、お医者さんとか、熱意ある人、全部精神病になっちゃう(爆)
それ以前にさ、人と関わる時に”情熱”ない人、嫌じゃない?
前進する為のアドバイスが欲しいのに、熱量低い人に当たったら嫌じゃない?
その辺り、好みもあるけど……Blogで判断出来ませんかね?

だから、私は私のまま、これからも変わらないし、変わりません。
というより、変容後の「最終形態」だから、これ以上変われない。
原初の自分、ようやく再会出来たのに、どうして隠すの?
時に、今回のような”不幸な事故”にも遭うけど(笑)
折角、岩戸から出て来たから、また暗がりに引き籠るの嫌だもーん♪
Webの海の何処かには、コレが役立つ人も存在するだろうし。
気の合う者同士、楽しくやりましょう♡
(なので、もうこの話はオシマイ!……ありがとう♡)