1. HOME
  2. Heaven on Earth
  3. 射手座シーズン
Heaven on Earth

射手座シーズン

Heaven on Earth

前回の蠍座に引き続き、今更感が半端無くてスミマセン(汗)
今季は、太陽射手座入り(11/22)の前日に、水星逆行の終了がありました。
水星は、通常、逆行前にトラブルが起こりやすく、順行時には体感は殆どありません。
でも、今回は順行前後に通信トラブルの大きいものがありましたし、
逆行期間中も、諸々の展開がとんでもなく早かったような?

これは個人的な感想ですが、例の遅延が”解消”される一環だったっぽいです。
3ヶ月近くズレた予定を、1ヶ月相当を1週間で経験させられた感じ。
結果として、順行時が逆行開始時の頃と重なったのかな、と理解しています。
時間の”圧縮”とか、訳分からんでしょうけども(汗)
それもまた、地球的感覚の話なので、ココを超えないと”統合”はないです。
目に見えない世界の”理解の方法”については、また何処かでゆっくり。
そんなこんなで、エネルギー的には??な期間も過ぎ去り、
12月に入った時点で、ようやく「平常運転」へとシフトした模様です。

結局、ここも”人間都合”の暦の弊害なんですよね。
11月だとか、12月だとか、宇宙には微塵も関係の無いことなので(笑)
新月満月も、地球独自の暦でしかない訳で。
より大きな周期としては、やっぱり、木星→土星→トラサタなんですよ。
そういう意味でも、2020年のグレートコンジャンクションは「大きな節目」。
しかも、今回は冥王星つきの”トリプル”ですからね。
来年の大会合については、また改めて書きたいと思っていますが、
占い雑誌とかでも取り上げられているので、興味があれば読んでみてね☆

で、この大会合は2020年12月22日に水瓶座で起こります、が!
ご存知のように、現在、土星・冥王星はすでに山羊座に滞在しています。
ここへ、12/3に拡大の星・木星が仲間入りする訳です。
つまり、今からすでに「刷新」の”前哨戦”が始まっている、ということ。
天王星の改革ではなく、冥王星の刷新ですから、再生の為の破壊と構築です。
古いものは取り壊され、更地に新しく建て直す、という作業です。
言わば、次の木星山羊座期間は「終わりの始まり」になる訳です。
私の「終わりの始まり」のイメージは、↓ですが(笑)


実は、ここで1つ、大きな”落とし穴”がありまして。
よく、古くなったモノ、限界を迎えた制度が壊れて行く、という話になると、
「既得権益を持つ人が没落し、富の再分配が起こる」と思う人が、大量発生しますよね?
アレ、勘違いも甚だしい、完全なる「公正世界誤謬」ですから(笑)
まず、富云々というのが、物質を司る土のエレメントでしょ?
今後の大会合は”風”の星座なので、そうした”古い価値観”も刷新対象です。
そして、前にも書きましたが、主軸は冥王星天秤座世代。
だから、何もせずに”タダ乗り”する人には、何も”分配”されませんよ?

敢えて、前時代的な言い回しをしますけども。
その昔、働かざる者、食うべからず、なんて言う価値観があったでしょ?
言うなれば、アレの「風のエレメント」版なんですよ。
つまり、その人の”精神性”に見合うものしか”受け取れない”ということです。
コレは、内の如く外も然り、という”具現化”の基本中の基本。
今までは、その”結果”としての「物質」で貧富や格差を判断していた訳です。
物質だけの判断だったので、それを”得る”過程は問われて来なかった。
だから、精神性に関係なく、搾取で”所有”することも可能だったんですね。

しかし、今後は一段深く、その”起点”となる精神性へ行く。
なので、確かに既得権益を持つ人が、相応しいレイヤーへ落ちたりもします。
とはいえ、それが万人に「バラ撒かれる」ことは決して無いんです。
飽くまで、その人の精神性に見合う”現実”を各々が自由に創造する。
そこへ、他者の”搾取”が入らない時代になる、それだけのこと。
今まで、物質のバラ撒きで隠して来た事実が、公になるだけのことなんだよ。
結局、いつの時代も、自分の体験する”現実”を創るのは自分自身で、
人間というのは、物質以外の心・魂との「複合体」であることに変わりない。

そこをしっかり理解して進む1年間、の始まりのシーズン。
それが、今回の射手座シーズンになります。
敢えて、来年の大会合へ向けての「最初の1ヶ月」と読むなら、
射手座的な”高い理想”を抱くこと、大衆の”声”には迎合しないこと、かな?
特に、スピ界隈、ツイン界隈も間違いなく変わります。
物質時代を”基礎”にした概念は、結局は、刷新される運命にありますから。
とはいえ、真に「新しいモノ」が登場するのは、20年以上先です。
(大会合以降に生まれた世代が、主流になる為)

その辺りの”バランス”を取りながら生きて行くのが、私たちの世代。
同時に、2つの”時代”を繋ぐ役目を果たすのも、私たちの世代。
なので、常に視野を広く高く、固定観念に縛られずに生きて行きたいもの。
本当、もう冥王星乙女座世代の概念では時代遅れだし、
冥王星天秤座世代というだけで、下克上勝ち組バイアスしてる人も放置でいい。
ここからは(というか、今までもそうだけど)定期に”クラス替え”もあります。
先行組は奢らず、次世代組も焦らず、魂としての”自己”と向き合いましょう。
今ここのエネルギーが、次の「20年」の基礎になりますからねん♪