1. HOME
  2. Heaven on Earth
  3. 山羊座新月
Heaven on Earth

山羊座新月

Heaven on Earth

今回の新月に関して、感じたことを書いて行きます。
ハウスも絡めて読んでいるので、海外在住の人には参考にならないかも?
あと、日本の東端・西端に住んでいる人も、多少のズレがあるかもです。
なお、チャートは、東京ではなく、明石市で算出しています。
(地図入力なので、135度ぴったりにならない・涙)

今回の新月は、山羊座4度で起こります。
サビアンシンボル:山羊座5度「カヌーを漕ぎ、戦いの踊りを踊っているインディアン」
各星座の5度は、冒険と刺激の度数。
4という”普遍”の世界は、安定しているけれど、同時に退屈でもある。
そこから、刺激を求めて”飛び出す”のが、5の世界です。
……と書くのも、もう3回目ですが。
今月のChange & Challengeな”5の世界”は、豪華(?)日蝕付。
パワフルなエネルギーは、半年後の6/21まで有効です。

この強力なエネルギー、折角なら自主的・能動的に使いたいもの。
今は山羊座に木星・土星・冥王星も滞在している為、変革&刷新の方向へ出やすい。
事変化に関して、受身になると余り楽しいことにはなりませんから。
是非、積極的に「変えたいこと」に使って行って欲しいと思います。
その場合、小手先の変化よりも、土台・基盤から変えて行く、という感じです。
今現在が、不満もなく、安定している状態であったとしても、
自身の土台・基盤について、今一度、考えてみた方が良さそうです。
ただし、変化対象は飽くまでも「自己」に限られますので、ご注意。

サビアン考察は、pdfの方に書かせて戴いたので、こちらでは別視点にて。
やはり、グレートコンジャンクションまで1年ほどと思うと、
山羊座で合になっている、土星・冥王星が気になってしまうんですよ。
しかも、火星・リリスを底辺にした小三角ですから。
各星座の20~22度(サビアン21~23度)は、そのサインで一番”脂が乗った”場所。
以降、サビアン度数で書いて行きますが、21度で環境へ創造性を押し出し、
22度では一旦クールダウン、押し出すから引き寄せるへ方針変更。
そして、23度では押し出すと引き寄せるを自在に使い分けて行く。

このサビアン23度に冥王星がいて、土星がどんどん近づいて行く。
更に、来月の満月前後には、水星・太陽も重なります。
小三角は「今後、自在に使って行く能力」を表すとされており、
その為の”鍵”は、丁度反対側、頂点と180度になる場所で読んで行きます。
冥王星の在る山羊座22度の鏡の位置は、蟹座22度。
サビアンシンボル:蟹座23度「文学会の集まり」
ここでの”文学”は、人生という小説・シナリオと考えると理解しやすいでしょう。
人は、決められた”シナリオ”の中で、自己を演じている(=自己表現)。

つまり、コレは社会や家庭の中での、自己の在り方のこと。
与えられたシナリオの中で、自らの地位を高めようとしていたのが、
蟹座20度(19度)までの世界であり、もっと「違うシナリオ」を求めたのが、
蟹座22度(21度)の世界で、引き寄せようとしたモノ、です。
結果、既存のシナリオ(社会・家庭での在り方)を批評して、
自ら、新しいシナリオを編み出して行くのが、このシンボルな訳です。
ここでもまた「今のままでいいの?」という問題提起。
念入りに、しつこくしつこく、尋ねられています。

あなたは、今の自分に満足していますか?
不満があったとしても、人・モノ・環境の所為にはしないで下さい。
人・モノ・環境が、あなたを「嫌な気分」にしているのではなく、
人・モノ・環境に、あなたの感情が「反応」しているに過ぎないのです。
主体は「あなた」であり、人・モノ・環境は「客体」です。
主客を逆転させることで、被害者を”装う”のはやめにしましょう。
どうぞ、あなたには、あなたを変える力があることを思い出して下さい。
その為にも、まずは、変化の流れを意識してみて下さいね☆