1. HOME
  2. Mogu-Mogu
  3. 歳時記
Mogu-Mogu

歳時記

Mogu-Mogu

歳時記って、今は本来の意味と違う使い方するんだっけ?
取り敢えず、ここでは”年中行事”みたいな意味合いで使っていますので。
カタカナで”イベント”というと、軽い感じで中身スカスカなイメージだけども。
日本語で「歳時記」とか「年中行事」と書くと、何か違う(笑)
改めて、日本語の言霊ちゃんっていいね♡

今日は、料理教室の鏡開きで、おしるこ戴いて来ました♪
といっても、普通の切り餅で作ったおしるこ食べるだけのお茶会(?)なので、
全然「鏡開き」自体はしませんでしたけど(笑)
美味しく戴きながら、おせち談義と何故か帯広談義になりました。

そして、帰宅後は明日からのお味噌の仕込みの準備。
季節の手仕事は、梅とお味噌しかやらないのですが、毎年楽しみで♪
特に、今年は大豆・塩・糀も自分で揃えたので(去年は1日教室で仕込み)、
もう、秋から楽しみで楽しみで、寒の入りを待っていました♡

去年は、お教室で仕込んだので、水煮大豆だったのですが、
今回は、乾燥大豆を煮るところから始めます。
先日、黒豆で6時間煮たのに、また懲りずに5~6時間コース(笑)
豆は、滋賀県産の在来種・錦白大豆です。

動物で「在来種」というと、日本に元々いる種という意味になりますが。
作物でいう「在来種」は、単純に「国産」という意味ではなく。
作付けして収穫した後、その収穫の中から翌年の種を取るのが、在来種。
つまり、その土地に適した形で、自然交配が行われて行くことになるの。

他方、種屋さんから種を買って作付け、すべて収穫して、
翌年、新しく種を買って作付けして行く方法だと、当然、自然交配は起きない。
このタイプの品種を「F1種」といいます。(F1は、雑種第一世代の意味)
現代では、大抵この方法になるんだろうけども。

結局、こういう「裏舞台」の諸々が、野菜のエネルギーが昔より低い原因?
別に、種屋さんが悪いとか、そういう問題じゃなくて、ね。
元のエネルギー値が減っているなら、料理の過程で更に落とすの怖いよね?
素依存症なんて、人間までスカスカなるよ、ってお話★