1. HOME
  2. Heaven on Earth
  3. 水瓶座新月
Heaven on Earth

水瓶座新月

Heaven on Earth

今回の新月に関して、感じたことを書いて行きます。
ハウスも絡めて読んでいるので、海外在住の人には参考にならないかも?
あと、日本の東端・西端に住んでいる人も、多少のズレがあるかもです。
なお、チャートは、東京ではなく、明石市で算出しています。
(地図入力なので、135度ぴったりにならない・涙)

今回の新月は、水瓶座4度で起こります。
サビアンシンボル:水瓶座5度「先祖の委員会」
各星座の5度は、冒険と刺激の度数。
4という”普遍”の世界は、安定しているけれど、同時に退屈でもある。
そこから、刺激を求めて”飛び出す”のが、5の世界です。
……と書くのも、もう4回目ですが。
今期お馴染みのChange&Challengeな”5の世界”のエネルギー。
今月は、1室の自己(アイデンティティ)がテーマです。

水瓶座は、その初期度数で”完成”されたモノを壊します。
何故なら、形として”完成”したモノは、1つ前の「山羊座」の領域であり、
水瓶座意識にとっては、形を求める=後戻りする、になるからです。
そうして、既存の形を壊し(2度)、枠組みから抜け出し(3度)
自身の技能で自由に生きる(4度)為、どうしても既存社会とは相容れません。
社会に拠り所を求められないので、違う場所・時間に求めます。
それは、物質として存在する(かつて存在した)人・モノであったり、
目には見えないモノ(存在や精神性)であったりもします。

それらを踏まえて、今回のテーマである「自己」を考えてみて下さい。
恐らく、進捗によって大きく意味合いが変わって来ます。
スピリチュアルな”旅”の序盤にある人は、自己形成の振り返りでしょうし、
中盤を往く人は、新たな自己形成のタイミングです。
そして、終盤にある人は、このテーマがそのまま男性側テーマになります。
これは、去年の秋分から顕著に現れていた特長なのですが、
今現在の女性レイの3グループ(序盤・中盤・終盤)の取り組みテーマが、
上記のように、同一のモノを3つに解釈可能、になっています。

序盤(2025年組)は、自分自身の”振り返り”として。
中盤(2023年組)は、新たな”自己”を形成する為の手掛かりとして。
終盤(2020年組)は、男性側の進捗として。

ココに気づければ、必要以上に焦ることも不安になることもないでしょう。
各グループ分けは、シンプルに「伴侶と出逢った時期」になります。
一部、人間の「彼」と出逢っていない、という人もいるかもしれませんが。
飽くまでも、物質としての「彼」と出逢ってから、です。
サイキック能力の高い人は、エネルギー先行型で、男性意識と先に出逢います。
しかし、それは「順番が逆」なのではなく。
単純に、他の多くの人が「男性意識との邂逅を認識していない」だけです。
この辺り、旅の終盤になれば、自然と”本当は逢っていた”と気がつけます。

少し話が逸れてしまいましたが、それぞれの”現在地”を認識して下さい。
その上で、今一度”自己”というものと、そのルーツを見つめ直す。
行うのは、この「見つめ直す」という作業だけでOKです。
実際に、新しい自己を「形成する」というステップは、もう少し先。
1室のナチュラルハウスサインは牡羊座なので、今はまだ”精神性”レベルでOK。
こうなりたい、こんな自分が理想だ、を沢山イメージすること。
ただし、気をつけるのは「こう思われたい」という形にはならないこと。
主語は”自分”であって、他者が”どう思うか”は関係ありません。

もしも、他者から”どう思われるか”が気になってしまうのなら。
他者の「感情」をコントロールしようとしている”意図”に気づいて下さい。
それは、自分と他者の「境界線」を”侵害”する行為です。
無意識であれ、他者の境界線を侵害しようとすれば、同じように、
他者に境界線を踏み込まれる経験を、現実の”体験”としてすることになります。
反対に、他者の境界線を尊重すれば、自身の境界線もまた尊重されます。
感情は、常に「その人自身のもの」です。
食事の後、代理でトイレを済ますことが可能ですか?と同じコト。

どうか、過剰な”共感”から離れ、自分自身を見つめて下さい。
本当の「自分」を見つめて、本当の「望み」を叶えて行きましょう♡