1. HOME
  2. Heaven on Earth
  3. 終わりの始まり
Heaven on Earth

終わりの始まり

Heaven on Earth

何だか、すっかりタイミングを外した感がありますが(汗)
今年前半は、正にコレ。厳密には、2018年の5月から始まってますけど。
流れに疎い、真実を見ようとしない人たちも、変化の兆しに気がつく頃のハズ。
まあ、気づけなければ、緩やかに自滅して行くだけなんで。
その辺りは、お好みで宜しいかと思いますね。

グレートコンジャンクションは12月ですが、具体的にどう変わるのか、は、
実は、天王星が牡羊座へ入った頃から、チラ見させられてます。
天王星は、2010年の6月に牡羊座へ入った後、逆行で魚座に一旦戻り、
翌年、2011年3月12日から、本格的に牡羊座を運行し始めたのですが。
察しの良い方は、この日付付近に何が起こったか、すぐにお気づきと思います。
ただ、牡羊座は、12星座の最初の星座の為、具体的な変化というより、
精神的なモノ、芽生え的なモノだったので、当時は気づかなかったと思います。
具体的な事象(現実の変化)は、牡牛座に入ってからの人が多いかな?

この辺り、ネイタルの星で時期が変わる部分ですが。
活動宮(牡羊座・蟹座・天秤座・山羊座)に、太陽やトランスサタニアン、
Ascのある人は、2011年以降、順に変化の波を体験しているはずです。
その規模や顕れ方は、何処にどんな星があるかで変わりますけど。
3月に、土星が水瓶座へ一旦抜けると、ようやく一息つけるんじゃないかな?
当然ですが、一息つけるのは、真摯に自己と向き合って来た組だけ。
変化に抵抗して来た人は、本格的な”破壊”ターンが始まりますから。
そして、今度は不動宮(牡牛座・獅子座・蠍座・水瓶座)の番が来ます。

ただし、コレは飽くまで「天王星」ベースのお話。
実際は、土星&冥王星が山羊座の25度付近、海王星が魚座の真ん中にいる為、
30代以上の人は、必ず何かしらの星がアスペクトします。
中でも、冥王星乙女座世代の終盤(1969年~1972年)の人たちと、
冥王星天秤座世代の序盤(1972年~1974年)の人たちは、シーズンど真ん中。
勘の良い人は、お気づきだと思いますが。
初期(?)のツイン概念を流布していたのは、ほぼ確実に冥王星乙女座世代。
つまり、次の世代へ”バトン”を「渡す側」の人たちです。

果たして、どれほどの人がきちんとバトンを「渡した」でしょうか?(笑)
ツインやスピに限らず、会社や社会に於いても同じコトです。
新しい”風”を取り入れる人もいれば、頑なに”遮断”しようとする人もいます。
はっきり言って、冥王星乙女座の「物質至上主義」に未来はないです。
如何に早く、新しい”風の時代”の感覚を手に入れるか、それだけです。
物質に重きを置いた”地の時代”は、約200年間続いているので、
それ以外の”感覚”など分からない、と言う人もいるかもしれませんが。
1981年1月1日~2000年5月28日までの間、お試しで”風の時代”を経験してます。

もし、そんな昔のことなど思い出せない、というのなら。
それだけ、物質主義の二元論世界に「飲み込まれた」というだけのこと。
こうした、過去の時間との”相似形”を見出すことが共時性であり、
来る”風の時代”を象徴するモノでもあるので、諦めずに思い出してみましょう。
それでも、思い出したくないという人は……勝手にして下さい(笑)
セッションでもお伝えしてますが、出来ません、思い出せません、では進めません。
そんな時は、出来ない、思い出せないのは何故なのか、内観して下さい。
人間意識で、勝手に「私には必要ない情報♡」にしないで下さい。

いい加減、偽りのスピ概念・ツイン概念から、目覚めて下さい。
冥王星乙女座世代が流布した情報の先に、未来などありません。
何度でも言いますし、何度でも書きます。
2000年代に生まれたスピ概念は、単なる”繋ぎ”に過ぎないのです。
二元論・唯物論の基盤上に、スピリチュアルを乗せただけの”砂上の楼閣”です。
だから、未だ「光 vs 闇」の構図から抜け出せないのです。
無条件という名の”条件”を満たそうと、躍起になる必要があるのです。
真の”無条件”とは、条件が”null”の状態です。

巷の変なもの、おかしなもの、すべてが「made in ワンネス愛」なのです。
地球は物質世界(低次元)の為、正方向と負方向への表現があります。
でも、それらは”極性”であって、決して”善悪”ではないのです。
言うなれば、磁石のN極とS極程度の違いしかありません。
当然ながら、集団社会としての”善悪”はつけることが出来ますが、
ツインの統合やワンネスの愛を考える際は、本当にただの極性なのです。
引き寄せの法則で、宇宙は言葉を聞いている訳ではない、とよく言われますが、
アレは、正にこの”極性”のことを言っているのです。

つまり、人間世界には「~ではない」という、打ち消し表現がありますが、
ワンネスの世界では、語尾の打ち消し表現は無視されます。
何故なら、不幸になりたくない、は”不幸”にフォーカスしているから。
倖せになりたいなら、素直に「倖せになりたい」と願えばいいのです。
それをわざわざ、~ではない、という打ち消し表現を用いて誤魔化してみても、
宇宙は、正負の方向性に善悪を見出さない為、負の方向へ具現化するだけです。
もしも、そんなのは言葉尻だと思うなら……どうぞ勝手に滅びて下さい。
宇宙(ワンネス)は、その選択をも”尊重”するでしょう。

今なら、まだ間に合います。
どうぞ、新しい”風”を取り入れる選択をして下さい。
新しい”風”に吹かれて、砂塵へ還る選択などしないで下さい。
冥王星乙女座世代から、冥王星天秤座世代へ。
破棄された古い概念にはしがみつかず、
生まれる前に決めた「真の道」を歩んで行きましょう。