星読みについて

About

私にとっての「星読み」というか、星読み観のようなもの?
自分で言うのもアレですが(汗)、Ascに天王星乗せてる”変人”ですからね。
既存の当たり外れを気にするような、お遊び占いは好きじゃないんです。
個人天体のみ重視で、トランスサタニアンを無視する傾向も嫌で、
そもそも、丸暗記の”教科書読み”は意味が無い、と思っています。

あと、占星術を「統計学」とか言う人もいますが、あれも違う。
統計というのは、一定数の人間がいれば「こんな傾向が見られる」というモノ。
つまり、少数派が排除されるので、真の意味での「星読み」にはならない。
更には、確率とも結びつくモノだから、根底に”同様に確からしい”が在る。
大前提として、同様に確からしくなければ、確率・統計は成り立たないからね。
でも、同様に確からしいを持ち込んだ瞬間、二元論の世界に縛られる。
結局、同様に確からしい=当たるも八卦、当たらぬも八卦。
このパラドックスに陥っている人の、何と多いことか(笑)

例えば、占者のPRにありがちな「○年の経験に基づいて云々」という言葉。
言語的には、論理的に聞こえて、重宝&多用される言い回しだけど。
裏を返せば、教科書読みしてて、新しいモノは学ばない、宣言しているのよ?
もちろん、その人のキャリア自体は否定しないけどもね。
経験として活かせるのは、飽くまでも”直感”とかのクレア的な部分だけ。
星に関しては、本当に100人100様だし、チャート自体が平面ではなく螺旋構造。
チャートを平面と捉えている人は、必然的に教科書読みしか出来なくなる。
双子の人生が、全く同じにならないことは、誰でも知っていることでしょ?

星を学び始めたら、すぐに気がつくと思うのだけど、
同じチャート上に、ベクトルが”矛盾”するアスペクトなんて、山程存在する。
それが、時間経過と共に、どんな過程で発芽・成長して行くのか。
その「流れ」を読んで行くのが、星読みなのだと私は思ってます。
でも、最終的に発芽・成長させるのは「本人」なので、
では、どうすればその流れに乗れるのか、ここまで全部伝えることが出来て、
そこで初めて、星読みセッションとして、成立すると思うのですよ。
星読みだけに限らず、セッションの類は全部そう。

だから、私の星読みでは、余り長い文章で星の意味をお伝えしていません。
だって、自分を一番知っているのは、自分のはずだから。
初対面のセッションで、相談者さんがあれこれ全部話せるとも思わないし。
そういう意味で、敢えて断定的な文章は書きたくないんです。
代わりに、イメージを膨らませられるような、短文形式でお伝えしています。
この辺り、人によって好き嫌いは分かれるかもしれませんが、
断定的な文章って、下手すると”呪縛”になるんだよ?
相談のはずが、呪い掛けられて、リピートさせられるなんて、嫌じゃない?

これからの時代、物質至上主義に惑わされない、審美眼が必要になります。
何故なら、今のスピの大半は2000年以降に生まれた”GCへの繋ぎ”だから。
今ここで、スピや星読みの”本質”への回帰が必要です。
原点回帰の流れは、既に、2016年の秋からやって来ていたのだけれど、
その頃は、まだ誰も信じてなかったし、1年前だって半信半疑の人が多かった。
挙句、思い込みなの、他の情報は違う、と噛みついて来る輩も多かった。
でも、もう本当に待ったナシで、今後は”差”が開いて行くだけ。
益々というか、加速度的に生き辛くなること必至なので、要注意ですよ★

Yuko

2000年以降のスピの在り方が、ちょっと苦手なシリウスB気質。 自身では、トゥバン(竜座)・ アンドロメダ辺りまでしか遡れないのですが、 もっと遠い場所から...

プロフィール

関連記事一覧