1. HOME
  2. About
  3. スピリチュアルという旅
About

スピリチュアルという旅

About

人生そのものが、1つの”旅”のようなモノであることは、
一定の年齢以上の方なら、実感・共感戴けるのではないかと思いますが。
スピリチュアルの”旅”は、カラダ側ではなく、魂さん側の旅。
つまり、長い長い悠久の時を往く、魂という永遠の存在の旅路のコト。
そして、魂という存在は、数多に分割された”ひとつなるもの”の欠片。

スピの基本設定(?)として、すべては”ひとつなるもの”の一人遊び。
この話(説?)を知ってる人も多いと思います。
世界にたったひとり、時間だけは永遠にあって、退屈で退屈で……。
だから、己を分割し、色々な世界や存在を創り始めた”ひとつなるもの”の話。
源とか、神とか、呼び方は思想によって異なるけどね。
ここで書くのは、宗教的なモノではなく、飽くまでもスピ的なモノの方です。
創世神話は各地に存在するけれど、最初から分離してるバージョンと、
途中から、分離が起こるバージョンの2パターン存在するの、不思議じゃない?

コレと”ひとつなるもの”の一人遊びを併せて考えれば。
一人遊びで創られた「世界」というのは、現在在る1つだけではなく、
それ以前にも、何度か創っては、再度作り直している、ハズ。
何故なら、すべては”ひとつなるもの”から生まれているので。
幾ら分割してみても、最後は(悠久の時間の果てだけど)1つに還ってしまう。
だから、創った「世界」が以前よりも長続きするように、
分割した存在に、正反対の極性(純粋な意味の光と闇)を持たせることにした。
でも、結局はすべて”愛”から成っているので、最後は1つに還ってしまう。

そこで、次に持たせた極性が、光=善、闇=悪の二元論。
つまり、同じ”源”から成り立っているがゆえに、引き寄せ合う性質を封じる為に、
お互いが反目するような”設定”を追加しました、ってコト。
そういう意味では、スピリチュアルな旅の”ルート”は大きく3つ存在して、


1. 一人遊びを終わらせて、源へ統合するルート
2. 一人遊びだと気づかず、両極性に翻弄されるルート
3. 一人遊びの設定通り、分離を極め続けて行くルート
この3つのどれを選んでもいいし、ある意味、どのルートも「正解」なの。

察しの良い方は、1のルートが所謂”ツインレイ”と呼ばれるモノで、
源へ還る(統合)為には、自分と”逆極性”の片割れが必要、と気づくかな?
とはいえ、実際は”逆極性”といっても、そういう”設定”なだけですから。
根本では、何処までも”似た者同士”な訳です。
でも、そこに気づいて、片割れと合流、他の要素(恋愛とか)を楽しむ為には、
まず、諸々の鍵を握っている、自分の魂さんと繋がる必要があるのよ。
それが、スピ界隈で言われている「自己統合」の正体。
……という訳で、このサイトではその辺りをメインに書いて行きます♡